受験の動向と予測

今後の高校受験の動向の予測

少子化が進む中で、各地の高校では統合などの再編や、共学化などが進むであろう。また生徒を選抜するための受験システムも各地で変化しつつあるので、受験生を持つ保護者は常に最新情報をチェックするべきであろう。また受験指導を行う塾の関係者も、受験制度の変化と出題傾向の変化に注視するべきであろう。特に最近では公立高校の学区の再編や学区の撤廃も行われているので、高校のレベルが大きく変化しているのが特徴的である。また面接を取り入れる公立高校が増えたり、マークシート式の入試を導入する公立高校もあるので、塾の担当者は新しい制度向けの体制を構築するべきであろう。そして今後はエリート教育をコンセプトにした高校も増えるので、受験校によってはハイレベルな入試対策が求められるであろう。

受験に最も適した塾を選ぶときの注意点

受験産業は情報産業という側面もあるので、高校入試の情報や生徒の募集情報に詳しい塾を選ぶのが鉄則である。そのためにスケールメリットが生かせる大手の学習塾を選ぶメリットも大きいであろう。特に大手の学習塾であれば、定期的に志望校判定模試を受験することもできるので、学力に合わせて受験校を探すときにも便利である。一方で個人経営の塾であれば、勉強が苦手な生徒も丁寧に指導してもらえる点が魅力的である。そのために中学校の授業について行けない生徒であっても、じっくりと基礎からやり直すことが可能である。したがって当初はあきらめかけていた志望校であっても、時間をかけて準備をすることで、合格を勝ち取ることができるであろう。