「苦手」を把握

早期に弱点を発見し、克服する事

高校受験を見据えて塾に通うのであれば、志望校と現状を冷静に見ることが重要です。志望校と現状の学力に大きな開きがあるようであれば、なるべく早く塾に通わなければなりません。思ったような結果を試験で出すことができていないのであれば、基礎学力が理解できていないと言うことになるので、まずは中学内容を総復習する必要が出てくるからです。中学校は義務教育になるので、誰もが同じ教育を受けるわけですが、科目が増えることもあり苦手科目もはっきりと別れてきます。また、苦手意識があると進んで勉強をしなくなってしまうので、早期に弱点を発見し克服するようにしなければ志望校合格へと遠のくことになりかねないので注意をしなければなりません。

子供によって理解度は異なる

高校受験では基本的には、中学内容を正しく理解する事ができていれば大抵の高校に合格することができるはずです。超難関高校でもない限りは一般的な知識を問われることになるので、5科目がバランスよく理解できていれば心配をする必要がありません。ただし、子供たち全員が同じように理解をしているわけではないので学力に開きが生じます。基本が理解できていなければ、次の単元にも悪影響を及ぼすので基礎を固めることが最重要です。1つずつ地道と思われる作業をすることによって、理解を深めることができ次の単元も簡単に克服する事ができるようになります。学習塾に通うと演習問題を行うだけではなく、理解できてい箇所を塾の指導者が見抜いて説明を行ってくれるので学力が上達しやすくなります。